令和3年度インフルエンザ予防接種について

【開始時期】

 2021101より開始いたします。

 今年も昨年好評だった痛みの少ない針を使用いたします。

【通常診察と予防接種は同時に可。予防接種のみなら待ち時間少なめ】

 今年も通常診察と併せて接種も同時にいたします。(※受付時にお申し出ください。)

 予防接種のみ希望の方は、通常診療時間内に診察の方の順番待ちとは別に対応いたします。(予約なしでOK)

 予約を取らずに、来院時窓口に伝えていただければ通常診察の方より早めにご案内します。

【費用】  

 1回3,500円(税込) 

 2回接種する方は、2回目も3,500円です。

 *LINE登録された方は3500円、されていない方は4000円です。受付時にご提示お願いします。

 ※会社の補助券や、市の助成券がある方はご持参ください。

【持ち物】

 ・診察券(ある方) 

 ・診察券ない方は健康保険証

 ・お子様、弥富市の妊婦の方は母子手帳

 ・(お持ちの方)健保連の接種補助券

  ↓ 補助券の参考画像

【接種回数】

 インフルエンザワクチンは年齢によってワクチンの接種回数が定められています。

  ・6ヶ月以上13歳未満は2回接種

  ・13歳以上は1回接種

 ワクチンを2回接種する場合には、できるだけ1回目と2回目3〜4週間の間隔をあけた方が、免疫の獲得はよいとされています。

【コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの接種間隔について】

 インフルエンザワクチン予防接種を行う場合は、コロナワクチン予防接種との間隔を2周間以上空けてください。

 前後2周間以上の接種間隔がない方や、コロナワクチン予防接種1回目と2回目の間には接種はできませんのでご了承お願いいたします。

 また、コロナワクチン接種は、その他の予防接種とも2週間の間隔が必要になります。

 

 参考:厚生労働省ホームページ_新型コロナワクチンQ&A

  「Q:新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか?」をご参照ください。

  https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0037.html


【感染対策のご協力を】

 院内滞在時間短縮の為、ご自宅で事前に問診票を記載いただくよう、ご協力をお願いします。

 問診票はホームページからのダウンロード、もしくは医院でも配布していますので受付にお申し出下さい。

 高校生、大学生を含めて未成年者の方は保護者の署名が必要です。

 ※弥富市にお住まいの1歳から中学校3年生までのお子様・妊婦、また65歳以上の方は専用の問診票になりますので、ご注意ください

【効果の期間】

 ワクチン接種後、抵抗力がつくまで2週間かかるとされ、効果が持続する期間は約5か月間です。

 流行が始まる前の、遅くとも12月中旬までに接種することが大事です。

 今年は接種希望の方が多いと予想され在庫切れの可能性も高いため、特に早めの接種をお勧めします。


【免疫を高めましょう】

 インフルエンザワクチンには,残念ながらインフルエンザを100%予防する効果はありません。予防効果は6070%程度と言われています。また乳幼児はワクチンの効果が大人より弱くなります。乳幼児だけが予防接種をするのではなく、一緒に住む家族も予防接種をして乳幼児に感染させないようにすることが大切です。今年は新型コロナウイルス感染対策のためにも、免疫力upが期待できる漢方薬(ツムラの保険適応薬)も提案しています。興味がある方はご相談ください。